交通事故の弁護士選びのポイント

通院に関するアドバイスが受けられる

 交通事故の被害者が通院する場合,通院の開始時期必要な検査通院の間隔医師への症状の伝え方などについて注意すべきポイントがあります。

 このような注意点についてしっかりとアドバイスを受けられるかどうかで,治療を受けられる期間や損害賠償金額が変わってくる可能性があります。

後遺障害申請のサポートが受けられる

 交通事故では,後遺障害が認定されるかどうかで,損害賠償金額が大きく異なり,1ケタ変わってくることも少なくありません。

 後遺障害の申請を保険会社や後遺障害に詳しくない弁護士任せにしてしまうと,治療や検査が不十分なまま申請され,適切な後遺障害の認定が受けられない恐れがあります。

 適切な後遺障害認定を受けるためには,医学的知識や後遺障害の認定基準などの専門的知識を備えた弁護士のサポートを受けることが重要です。

しっかりと示談交渉をしてもらえる

 交通事故の示談交渉は,十分な根拠を示して戦略的に交渉ができるかどうかよって,慰謝料や休業損害・逸失利益などの損害賠償額が大きく変わってきますので,弁護士としての腕の見せ所です。

 損害賠償額の算定基準,医学的知識,後遺障害,保険会社の実務運用,交通事故の裁判例などに詳しい弁護士に示談交渉を依頼することをおすすめいたします。

電話相談ができる

 弁護士に相談したくても,法律事務所まで出向くのが大変という理由でなかなか相談できない方も少なくありません。

 また,地方では,交通事故に詳しい弁護士が近くにいないということもあります。

 電話相談であれば,秋田にお住まいの方でも,大都市で交通事故を集中的に扱っている弁護士にお手軽に相談することが可能です。

 当法人の交通事故の電話相談の流れについてはこちらをご覧ください。

夜間・土日相談に対応している

 お仕事などで平日の昼間はなかなか時間をとって弁護士に相談できないという方の場合,平日の夕方までしか対応していない弁護士にはなかなか相談できません。

 夜間・土日相談に対応しているかどうかというのも,弁護士を選ぶ際の1つのポイントです。

    PageTop