後遺障害でお悩みの方へ

1 交通事故における後遺障害の重要性

 交通事故においては,後遺症について,後遺障害の等級が認定されると,後遺障害慰謝料や逸失利益についての損害賠償を受けることができます。
 中には,等級次第で,受け取れる損害賠償金額が1ケタ異なってくることもありますので,適切な後遺障害認定を受けることが極めて重要です。

2 後遺障害について弁護士に相談すべき理由

 後遺障害の等級は,痛みや痺れなどの症状が残っていたら,必ず認定されるというものではありません。
 症状が残っていたとしても,通院の間隔が空いていた,適切な検査を受けていなかった,診断書に誤解を招く記載があった等の原因で,適切な後遺障害の認定が受けられないことも少なくありません。
 適切な後遺障害の認定を受けるためには,交通事故直後から,後遺障害に詳しい弁護士に相談することが重要です。

3 後遺障害についての弁護士選びのポイント

 後遺障害は専門性が高く,弁護士であれば誰でもよいわけではありません。
 どの弁護士に相談・依頼するかで,後遺障害が認定されるか否かや,何級が認定されるかが異なってくることも少なくありません。
 弁護士を選ぶ際には,「知り合いだから」「近くに事務所があるから」といった理由で選ぶのではなく,医学的知識や後遺障害の認定基準についての専門的知識を十分に備えた弁護士を選ぶことをおすすめいたします。

4 弁護士法人心が後遺障害を得意とする理由

 当法人では,保険会社の元代理人弁護士や後遺障害認定機関である損害保険料率算出機構やその下部組織の自賠責調査事務所の出身者らで「後遺障害チーム」を作り,後遺障害の申請等を集中的に取り扱うとともに,定期的に研究会を開き,専門的知識の習得や後遺障害申請のノウハウの共有を行っております。
 お電話でご相談を承りますので,秋田にお住まいの方も,後遺障害でお悩みの際は,当法人にご相談ください。

PageTop